育児・介護休業 子の看護休暇




育児休業とは(育児・介護休業法第2条)


労働者が、原則として1歳(一定の場合には、1歳6か月)に満たない子を養育するために、雇用関係を継続したまま、休業することです。

要件満たした休業の申し出により労働者の労務提供義務はなくなり、事業主の賃金支払義務もなくなります。

しかし、労使の交渉により賃金の支給をすることは可能です。

◆就業規則・三六協定整備等の対応エリアは以下のとおりです
 大阪府  大阪市、堺市、東大阪市をはじめとする全域
 奈良県  奈良市、生駒市、香芝市、大和郡山市、王寺町、三郷町
 兵庫県  尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、川西市、宝塚市、神戸市
 京都府  京都市、京田辺市、精華町、木津川市